コンテンツ7 サムネイル 4×3

contents-7-3840x3840

新着
キャンペーン

3カラム右2サイドバー

【flex-pack-normal】
(gradation-heading)
WordPressテーマ 新発売
新開発のgridレイアウトで、カラム数は1カラム、2カラム、3カラム
さらにgridレイアウトで、2つのサイドバーを上下”縦”並びも、左右”横”並びも簡単に

ここのボックスデザインパックは、ボックスデザイン3(general:boxes-suspend)とテキストブロックとの横並び

モバイルファースト、スマートフォン縦画面ではどんなflex-packもほぼ同じビジュアル
ただ、デスクトップでは遊び心でflexbox横並びの画像側にはsticky_note_2stickyを設定してスクロール追随

3カラム右2サイドバー

3カラム 右2サイドバー

HTML Living Standard & CSS3適応

HTML Living Standard、CSS3適用
「セクション要素によるアウトライン」
また、gridレイアウトとflexboxコンテンツを採用して、clampやcalc、vwやvh、カスタムプロパティなどを使い、CSS3ならではのデザインと省ソースでレスポンシブを実現しています
「ほとんどメディアクエリに頼らないレスポンシブ デザイン」

セクション要素と見出しタグの位置づけ誘導でSEO

これは、個別投稿または固定ページでのユーザーであるみなさんのコンテンツ コーディング次第となってしまうのですが、一般的にはnavと一括articleを除いてセクション要素(とくにsection)は未使用が多く、見出しタグによる暗黙的アウトラインがほとんどです
ポリシーのあるsectionコーディングと、見出しタグ(h2以下)の使い方を提示して、コンテンツ作成のガイドラインを提示します

アバター

author-primary による

Algorism Inc. 株式会社アルゴリズム 代表取締役。SEO塾運営。このサイトは2023年新発売のWordPressテーマのショーケース