コンテンツ7 サムネイル 16×9

contents-7-3840x3840

3カラム左シェアバー

【flex-pack-reverse】
(heapup-heading)
WordPressテーマ 新発売
新開発のgridレイアウトで、カラム数は1カラム、2カラム、3カラム
そしてシェアバーを独立させてサイドバーのように配置してposition:stickyを設定

ここのボックスデザインパックは、ボックスデザイン2(general:boxes-extend)
stay_current_portraitスマートフォン縦画面では上記と同じように、見出し・段落・moreボタンの下にボックスデザイン2・3と縦並びに

3カラム左シェアバー

3カラム 左シェアバー

 

ディスプレイのシェアとサイトレイアウトの方針

ディスプレイ幅のシェアをちょいと調べてみると
デスクトップでは、1920、1366、1536、1280
タブレットでは、768×1024、800×1280、810×1080
スマートフォンでは、375×667、390×844、375×812、414×896
また、全デバイス総合では、1920×1080、375×667、360×640、1366×768 …
タブレットの横画面はレアケースとして扱い、スマートフォンの縦横、タブレット縦は当テーマのメディアクエリ(ブレイクポイント)で対応済み
デスクトップの1000px程度もレアケースとして、1200くらいのブラウザー横幅を想定して表示確認することがベター、と思われます

ブラウザーのシェアとサイト運営の方針

最後に、自サイトに訪問してくるユーザーが使っているブラウザーについて
デスクトップでは、Chromeが圧倒的
その他は、Edge、Firefox、Safar
モバイルでは、safariが圧倒的で60%以上(つまりiPhone)
次がChromeで30%強(ほとんどAndroid)
ということは、デスクトップはChrome、モバイルはsafariをまずおさえる
ちなみに、iPhoneのChromeのレンダリングエンジンは、BlinkではなくWebKitベースらしいです
デスクトップChromeのデベロッパーツールで確認しても、iPhoneのChromeでは微妙に表示が違っていることもあります


SEOテンプレート×WordPressテーマサプライズ!

SEOテンプレート×WordPressテーマ 販売サイト

SEOテンプレート×WordPressテーマ 販売サイト

販売サイトは、クレジットカード購入がメインの対応です(Amazon、Microsoftなども採用しているStripeを採用)

Stripeのクレジットカード決済はJCB・VIZA・mastercard・AMEXなど 銀行振込も

銀行振込も加わりました(安全性・信頼性のため Stripe の口座を利用しています)
オンラインからでもATMからでも振り込むとすぐに、マイページでダウンロードできるようになります
また「認証キー」は購入履歴でご確認できます

アバター

author-primary による

Algorism Inc. 株式会社アルゴリズム 代表取締役。SEO塾運営。このサイトは2023年新発売のWordPressテーマのショーケース